現代の結婚式 大百科

式場の結婚式の基本プラン

結婚式を控えた花嫁

結婚式を挙げる場合、どこの式場も基本プランというものがあります。ブライダルフェアに参加すると、結婚式のゲストの人数などで大まかな見積もりを出してもらいます。この大まかな見積もりは、基本プランで見積もりを出しているので、オプションを追加したり、ブライダルアイテムを追加やグレードアップすると結婚式にかかる料金がアップしていきます。

結婚式の費用を抑えるためには、基本プランからあまりオプションを追加したりしないようにします。しかし、せっかくの結婚式なのにあまり我慢ばかりするのもよくありません。

費用を抑えるためには、ウェルカムボードやブーケなどのブライダルアイテムを手作りしたり、式場に頼むと高い招待状なども手作りをすると、費用も抑えられ、自分たちだけのオリジナルのものを作ることができます。

また、費用を抑えるだけでなく、ウェディングドレスなど、妥協できないところにはお金をかける必要と満足のいく式にすることができます。

結婚式の余興 基本的な種類

結婚式 アクセサリー

結婚式では、余興も楽しみの一つです。結婚式で行われる物の基本的な種類は、以下のとおりです。

一つ目は、「メッセージ動画」。これは、映像系では定番といえます。いちばん作りやすいのは、友人などからのメッセージ動画を収集して、つなげるという物です。スマホがあれば、手軽に作ることができます。

二つ目は、「サプライズ系」。挨拶をしている途中でいきなり歌いだしたり、一人ずつ参加者を増やして行って最終的にはミュージカルのようにするという物もあります。

三つ目は、「バラエティー系」。「コント」や「モノマネ」などが挙げられます。ある程度の練習と準備が必要ですが、うまく行けばかなり盛り上げることができます。

四つ目は、「パフォーマンス系」。代表的なのは、「マジックショー」です。マジックグッズはいろいろな物が売られているので、それらを使えば意外と簡単にできます。「マジシャンのような仮装をする」「BGMを流す」などすると、さらに雰囲気を出すことができます。

基本プランにプラス こだわりの素敵な結婚式

結婚式

結婚式と言えば、最近の傾向として、決して大がかりではなく、お金を沢山使った豪華な結婚式や、結婚披露宴をするという方は減少傾向にあり、その分、新郎新婦ならではのこだわりがつまった、個性が取り入れられた結婚式が多いようです。

最初から自分達で全部を仕切り、結婚式をしようと思うと、随分と時間やお金が逆にかかってしまい、なかなか思うようにいかない事もあるものですが、最近の結婚式場ではいろいろなプランや、現代の新郎新婦にあったプランが沢山用意されていて、それらのプランを基本にしてオプションとして自分達の叶えたいと思う理想のウエディングに近づけていくという事ができます。どうしても外せないというこだわりをスタッフの方に伝え、沢山相談するという事が大切で、沢山のカップルを手掛けてきたプロならではのアドバイスを貰う事ができ、想像以上に素敵なウエディングになるという事もあります。

お金をかけずに素敵なウエディングを求めているならお勧めです。

一番人気 基本的な結婚式

和婚

結婚式のスタイルは人それぞれですが、基本的に一番人気な挙式スタイルは教会式です。教会式はチャペルなどで行う結婚式のことで、たくさんの友人や知人に見守られながら白いウエディングドレスでバージンロードを歩くことを夢見る人も多いようです。また、結婚式をイメージする際に教会式を真っ先に思い浮かべる人も多く、王道の挙式スタイルとも言えます。

他には人前式や神前式があります。人前式は場所や演出などに決まりはなく、自分たちのスタイルで挙げられる結婚式で、手作りのアイテムを取り入れたり、ゲストにも演出に参加してもらったりと、さまざまなアイデアを生かせることが特徴です。神前式は神社などで行う和風の結婚式で、家と家との繋がりを重視するカップルが選択することが多いです。しかし、白無垢などの和装に憧れて神前式を選択するカップルも多く、一番人気である教会式に比べるとその数は少ないものの、人気の挙式スタイルの一つでもあります。